ヘアアイロンの寿命を見極めと買い替えにおける3つのポイント

ヘアアイロンを買ったらどのくらい使い続けられるのかと疑問に思う人もいるでしょう。

一般的なヘアアイロンの寿命はどのくらいなのでしょうか。

この記事では寿命の見極めや買い替えの際に押さえておくべきポイントを紹介します。

ヘアアイロンの寿命は何年くらい?

ヘアアイロンは通常の使い方をしていたらどのくらい長持ちするものなのでしょうか。

寿命がどのくらいなのか、何が寿命を左右するのかを確認しておきましょう。

一般的には3年から5年

新品で購入したヘアアイロンを使える期間は一般的には3年から5年くらいと言われています。

メーカーによる保証期間は1年間というのが普通なので、比較的長く使える家電だと考えることもできるでしょう。

ただ、4年から8年くらい使うことができると言われているドライヤーのようには長く使えない場合も多いので注意が必要です。

使用頻度と使用環境による違いが大きい

実際の寿命はヘアアイロンを使用している頻度や環境によって大きく左右されます。

ヘアアイロンに電気を通すほど内部の回路には負担がかかって劣化が進みます。

プレート部分も使用するほど負荷がかかるので劣化してしまうことになるのです。

家電製品なので基本的には高温多湿の環境で使用すると壊れやすくなることも否めません。

長持ちするかどうかは使い方次第だということは念頭に置いておきましょう。

手入れをしているかも重要なポイント

ヘアアイロンの手入れをしているかも寿命に大きく影響します。

取扱説明書を読んで、使用後の手入れの仕方を指示に従って行うようにすると長持ちするようになります。

衛生的に使えるようにするためにも重要なことなので手入れは欠かさないようにしましょう。

ヘアアイロンの寿命を見極めるポイント

ヘアアイロンの寿命はどのようにすると見極められるのでしょうか。

3つのポイントを確認し、どれかに該当したら寿命が来たと考えましょう。

電源やスイッチの不具合が発生している

ヘアアイロンのプラグをコンセントに差し込んで電源を入れても入らないのは寿命です。

スイッチを切り替えて温度などを調節できるタイプの場合には、作動しないモードがあったらほぼ寿命だと考えられます。

原因はケースバイケースではあるものの、コードが断線していたり、スイッチの内部が破損していたりするのが典型的です。

分解して直すのは素人には危険なので使用するのは諦めましょう。

プレートのコーティングが劣化してきた

ヘアアイロンの寿命を見極める上で最も重要なのがコーティングの状態を確認することです。

プレートの表面にはコーティングが施してあって髪のケアをするのに適した状態が保たれています。

ただ、ずっと使っているとだんだんとコーティングが劣化してきてしまうのです。

劣化が著しく進行した場合にはプレートを見ただけで表面の膜のようなものが剥がれているのがわかります。

その前段階として微細な傷が見えて浮いてくるような様子になるのが一般的です。

このような状況になったら寿命が来たと考えるのが賢明です。

落ちない汚れがある

ヘアアイロンの汚れが落ちにくくなってくるのも寿命が来たサインです。

以前は布で少しこすれば落ちていたような黒ずみなども古くなるとだんだんと落ちにくくなってきます。

衛生的にも好ましくない状況になってしまうので、気づいた時点で使用を中止して寿命だと判断しましょう。

買い替えのタイミング

ヘアドライヤーはいつ買い替えるのがベストなのでしょうか。

重要な考え方を紹介するので、良いタイミングで買い替えられるようになりましょう。

寿命が来たと判断したとき

寿命が来てしまったときに買い換えるのが最も標準的な方法です。

もう使えない、あるいは使うのが望ましくない状況になっているので、速やかに買い換えるのが良いでしょう。

使い勝手が悪いと感じたとき

ヘアアイロンの使い勝手が悪いと感じるようになったときには寿命を待たずに買い換えるのがおすすめです。

ヘアスタイルを変えたり、髪の質が変化したりすると今まで使っていたヘアアイロンが合わなくなることがあります。

また、使い勝手が悪いのはコーティングの劣化などが原因のこともあるので買い換えておくに越したことはありません。

ヘアケアの仕方を変えたいと思ったとき

ヘアアイロンはヘアケアのアイテムとして重要なものなので、そのやり方を変えたいと思ったときも買い替えに適したタイミングです。

イオン機能などのように色々な機能を持っているヘアアイロンが登場してきています。

今使っているものに不満を感じたら、自分の求めるヘアケアをできるように新しいヘアアイロンに買い換えるのがおすすめです。

まとめ

ヘアアイロンの寿命は一般的には3年から5年ですが、どのように使っていたかによって違いが大きいので自分で見極めるのが大切です。

コーティングの劣化や落ちない汚れに注意し、寿命が来たときには早めに機種選びを始めて買い換えるようにしましょう。