ヘアケアにおすすめのヘアアイロンの選び方5選と種類を紹介

ヘアアイロンは日頃のヘアケア用品として役立ちますし、持っている方が多いと思います。

ストレートアイロンやカールアイロンなど、どんな仕上がりにしたいかで、使い分けている方も多いでしょうし、色やな製品が発売されています。

最適なヘアアイロンを選ぶためのおすすめの選び方と、どんな種類があるのか紹介します。

ヘアアイロンの種類

ストレートアイロン

ストレートアイロンはボサボサの髪の毛を真っ直ぐにするだけでなく、カールを作ったり、前髪を整えるなど、色んなアレンジをすることができます。

細いカールをいっぱい作るなど髪の毛に動きをつけたい時はストレートアイロンだと手間がかかるので、注意してください。

またストレートアイロンの場合プレートの広さがあります。

プレートが広いと一度に巻き込む髪の毛が多いので、早くセットしたい方にはおすすめです。

プレートが小さいものは、顔周りのセットにおすすめですが、髪の毛全体をセットするのに時間がかかるので、慣れるまでは小さいものを選ぶのがおすすめです。

カールアイロン

カールと付いているので、髪を巻くことに特化したアイロンです。

太さは大きく分けると3パターンあり、髪の毛の長さによって使い分けることができます。

カールアイロンは髪をストレートにできない事、髪の毛が伸びてしまうとカールアイロンでセットに時間がかかる事もあるので、気をつけてください。

どちらもできる2wayアイロン

ストレートとカールが1つになっめいるアイロンなので、1台あれば2通りの使い方ができるのが特徴です。

アイロンを熱した時にストレートアイロンでは熱されない外側まで熱くなるので顔周りのスタイリングの時は気をつけてください。

ブラシアイロン

ブラシ状のアイロンで、ブラシアイロンの中にはロールブラシアイロンという種類があるので、ブラシで髪の毛をセットするような感覚でカールができます。

ブラシ部分を持ちながらスタイリングができるのて、火傷のリスクが少ないという特徴があります。

髪の毛が絡まりやすいという方は選ぶ時に絡まりにくい工夫がされたものを選んでみてください。

ヘアアイロンの選び方

温度

温度によって巻いた時の完成度や髪の痛みやすさがかわり、一般的には170℃~180℃が1番綺麗にストレートやカールを作れます。

これ以上の温度が高くなると髪の毛が脆くなります。

逆に温度が低いと髪の毛の痛みはないですが、カールが弱くすぐにとれてしまいます。

ストレートアイロンも温度が高ければすぐストレートにできます。

立ち上がりまでの時間

平均的にコンセントを差してアイロンが温まるまで1分ほどですが、5分ほど時間がかかるのなど色々あります。

髪の毛のセットを効率よくするために、どれぐらいで使えるようにやるのか確認しておいてください。

ヘアケア機能

ヘアアイロンを使う1番気になるのが、髪の毛の傷み具合です。

今色々発売されているものがありますが、髪質を守るための機能がついています。

その中でもこの4つの機能を抑えておいてください。

まず1つ目はマイナスイオンで、キューティクルを守るのに役立ちます。

マイナスイオンを売りにしているものがありますが、実際に髪質が良くなったという方向もあるなど聞きます。

2つ目はクッションプレートで、髪の毛を挟む鉄のプレートが髪を挟み込む時に沈み込んで髪の毛に強い圧力をかけないようにするための機能です。

3つ目はチタンプレートで、髪の毛を挟み込む所に使われるプレートは素材に鉄が使われる事が多いです。

髪通りがいい素材と言われているので、摩擦を少なくしながらヘアセットできます。

最後はセラミックプレートで、熱伝導率が良いといわれており、髪の毛に時短で熱を伝えることができると言われています。

短時間で髪の毛をセットできますが、摩擦もあるので、髪の毛を傷つける可能性もあります。

長持ちするか

ヘアアイロンどれぐらい長持ちするかというポイントはプレート強度でわかります。

アイロンを使えば使うほどコーティングされているチタニウムが剥がれて髪の毛を傷つける鉄の所が出てきてしまいます。

そうなると直ぐに買い替えが必要になったり知らないうちに髪を傷つける事になります。

プレートと表記されたものもありますが、これは金属部分が特殊な金属になっており、買い替えたり、髪を傷つけるリスクが低くなります。

これから購入を考えて、長持ちさせたいのであれば、プレート表記されたものを選んでみてください。

カールアイロンの場合太さもチェック

髪の長さや仕上げたいスタイルにより、使う太さが変わってきます。

自分の髪の毛の長さや仕上げたいスタイルを確認してから、最適な太さを選んでくだい。

26mmのカールアイロンの場合、ショートやミディアムの方におすすめで、ふわっとした軽いボリュームを出すアレンジをしたい方におすすめです。

毛先のハネや毛束を強調するカールもつくれます。

32mmのカールアイロンの場合ショートからロングまで使えるますし、初心者にも使いやすいコテで、自然なカールが出せます。

38mmのカールアイロンはロングヘアの方におすすめで、緩いカールを出しやすいです。

まとめ

ヘアアイロンにも色んな種類と選び方があり、安いという値段だけで選んでしまうと髪の毛のダメージが心配です。

熱で癖を伸ばしていくので、高温の熱が髪の毛にあたりますが、その中でも極力髪の毛のダメージが出にくいものを買う事をおすすめします。